ゼニカルの副作用の詳細情報

ゼニカルとは、肥満症の治療にも処方される絶大な効果を持つダイエット医薬品です。米国食品医薬品局のFDAも承認している成分オーリスタットを配合しており、女性の間でも世界中で4,000万人以上の方がダイエットから体型維持のために愛用しています。ゼニカルはダイエットの効果が有名ですが、ゼニカルの副作用もありますか?本文では、ゼニカルの副作用の情報についてご紹介します。

下痢になりやすい
ゼニカルの副作用は飲み始めて3か月以内に起こります。短くて1週間、長いと4週間で軽減してきますが、中には数か月にわたって続く場合もあります。下痢、脂分の排出、おならの増加、おならとともに便が排出される、急な便意、便失禁などの症状があります。とにかく下痢になりますので症状が落ち着くまではナプキンなどを使用してください。

お肌や粘膜のかさつき
これは完全なるゼニカルの副作用なのですが、脂肪の吸収を抑制する=必要な栄養素までも吸収を阻害されます。それによってお肌や目、唇、髪などにかさつきの副作用を感じる方がいるようです。

肝臓・腎臓の障害も注意
稀に、肝臓の障害の副作用もあります。2014年まで、14例の重大な肝臓の副作用が報告されているということで、食欲不振、体のだるさ、皮膚のかゆみ、皮膚が黄色っぽいといった症状が見られたら、すぐに医師に相談してください。

また、こちらも稀ではありますが、腎臓の障害が出る可能性もあります。手足のむくみ、おしっこの減少、血尿、背中の痛みなどの症状が見られたら、病院にて相談するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です