アルプラゾラムやプロザックについての基本情報

最近、社会の発展するとともに、人々の悩みも増えています。仕事のストレスや人間関係や愛情などいろんなことの影響があります。精神の病気が増加しています。たとえば、うつ病や自律神経失調症や精神障害などがあります。その症状は防止するために、様々な薬を生産されました。アルプラゾラムやプロザックの薬は市販で発行しています。これから、アルプラゾラムやプロザックについてことを詳しい説明しましょう。

アルプラゾラムは、ベンゾジアゼピン系の短期間で治療する不安薬および筋弛緩薬の一つだけです。半減期は約14時間です。日本では商品名ソラナックス、コンスタンで知られ、後で様々な商品名も増えています。アルプラゾラムの商品名はアゾリタン(大洋薬品),カームダン(共和薬品),コンスタン(武田薬品),ソラナックス(ファイザー),メデポリン(沢井),メンビット(東和薬品)などがあります。その商品は、心身症における身体症状と不安・緊張・うつ病・睡眠障害の効果があります。アルプラゾラムの効果は不安感・抑うつ感・緊張感・睡眠障害・心身症の身体症状・自律神経失調症などでもっと有効になりました。

プロザックは1988年生産された薬です。各国で人気がある抗うつ剤です。プロザックは1994年にはアメリカでは神経性大食症や強迫神経症の治療薬としての認可が受けています。プロザックの効果はうつ病、うつ状態、強迫性障害、神経性大食症などで有効になりました。

アルプラゾラムの特徴は大体四つがあります。まず、アルプラゾラムはベンゾジアゼピン系の抗不安薬(緩和精神安定薬)です。比較的安全性が高く、依存性もそれほど強くありません。そして、同類薬のなかでは、作用がやや強く、作用時間は中くらいです。「作用/時間:中~強/中間型12~24時間以内」まだ、アルプラゾラムの抗うつ作用をあわせもつので、うつ症状を伴うときに向きます。最後、アルプラゾラムはパニック障害や強迫神経症にも応用されます。

プロザックの特徴は今までの抗うつ薬に多かった「口の渇き、吐き気、便秘、心毒性」などの副作用が少ないのがプロザックの特徴になりました。特に、SSRIのなかでもプロザックは、セロトニン受容体の選択制が非常に高く、また再取り込み阻害作用も強い、つまり強力でキレが良く、セロトニンの量を増やし、やる気や意欲を高め、憂うつや不安を解消してくれます。

アルプラゾラムの副作用は眠気,ふらつき,集中力と思考力の低下,注意力の低下,反射運動能力の低下,頭痛,口の渇き,吐き気,便秘,腹痛,脱力感,食欲不振など症状があります。眠気やふらつきが起こりやすいので、車の運転や機械の運転、危険な作業などは避けるようにして下さい。

プロザックの副作用として、「疲労感、吐き気、口の渇き、頭痛、めまい」などが起こるとされています。とくに、服用を始める初期に副作用が起こりやすいとされています。そのために、初期の段階で中断する患者もいるそうです。つまり、これはプロザックなど抗うつ薬を服用しても効果がないと判断するからです。しかし、この初期段階で副作用が起こるという症状は、ある意味では効果が出る”前触れ”だと言われています。プロザックを服用することで、急激にセロトニンの量が増加するため、体内の「脳、胃、腸」などに異変が生じ、抵抗するために副作用が起こりやすくなります。そのために、多少の副作用が起こっても、まずは1~2週間は継続して服用を続けることが大切になります。

アルプラゾラムやプロザックの個人輸入は一般的に、病院から抗うつ薬を処方として場合、医者による処方箋が必要ですが、海外から個人輸入専門販売店で購入する場合は適用されないため、気軽に購入することができます。その他にも、個人輸入を利用するメリットとして、インターネットや携帯電話、スマフォなどで24時間注文することができ、1週間ほどで自宅に届きます。病院で処方される抗うつ薬は安心して利用することができると思います。しかし、金銭的なコストが非常に高くなり、薬代だけでなく、通院費、移動代など、もろもろかかってしまいます。それに対し、アルプラゾラムやプロザックを個人輸入を利用し購入すると、価格の安いジェネリックが利用でき、なおかつ送料、手数料を無料で注文することができると思います。

出典:http://sevenfoldtruth.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です